2020-09-15 Posted by cocokara

大丈夫だとは思うのだけれど気になるドライヤーのコードのしまい方

毎日更新コウユウブログ。

Kouyuu
こんにちは、吉祥寺の美容室ココカラのニシムラコウユウです

みなさんドライヤーのコードってどうしまってますか?

僕はコードのしまい方にちょっとだけこだわりがあります。

コードの根元が折れないように

コードのしまい方としてはボディに巻きつけるだけなのですが。

ポイントは根元です。

ちょっと根元にバッファをもたせるようにするんですよね。

、、、あ、ごめんなさい。

常日頃からできるビジネスマン意識しすぎてビジネス用語がついつい勝手に出ちゃいました(いや、考えながら文字打ってるんだから確信犯だろ)

バッファとはもともとコンピュータ用語でパソコンに一時的に情報を保存する領域のことを言います。

それが転じてビジネス用語で『余裕』や『緩衝』という意味で使われるようになりました。

つまり『バッファ=余裕、ゆとり』ですね。

コードの根元が折れると故障の原因になります。

なので最近のドライヤーにはもともと折れるのを防止するためにカバーがあるのですが。

だからといって気にしないで巻きつけると。

こうすると1番根元ではないですがここが折れるじゃないですか。

確かにここにも工夫がしてあってちょうど曲がるところがラッパの形になっていてバッファ、あ、、、余裕があるのですがやっぱり折れちゃってる感じがして気になるんでよねー。

ごめんなさい、ビジネスマン気質がなかなか抜けなくて。

みなさんも念のために故障防止でこのようにバッファをもたせるのがおすすめですよー(やっぱり絶対かくしんはーん!)

ココカラは、LINEからもご予約、ご変更、ご相談、キャンセルもできます。 お気軽にご登録くださいませ

LINEが便利な理由は以前書いたブログが分かりやすくなってますので是非ご覧ください。

ご相談ご予約はLINEが絶対に便利な理由。
こんにちは。吉祥寺の美容室ココカラのニシムラです。今回はココカラでお店のLINEアカウントがあるのでそちらを登録してみてはいかがでしょうか?というお話です。とこ...
人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です